開催のご案内

【 趣 意 】


平成30年度は、診療報酬・介護報酬の同時改定が施行された一方で、理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則が約20年ぶりに改正される年でもあります。この指定規則の改正の骨子として、@総単位数、A臨床実習の在り方、B専任教員の要件の3つとなっており、特に「臨床実習の在り方」に関しては、養成施設だけではなく、臨床実習施設ならびに臨床実習指導者にも大きく変革を問われる要件となっております。また、医療・介護制度の変革や医療の機能分化を背景に、社会から求められる理学療法士は量的な充足から質的向上へと転換してきており、理学療法教育のさらなる充実は必須だといえます。


そこで、第32回高知県理学療法学会のテーマを「理学療法教育を知る・考える・実践する」としました。卒前の臨床実習教育だけではなく卒後の新人教育を踏まえ、これまでの理学療法教育の在り方を省みながらも、これから迎える理学療法教育の大きな変革に向けて、我々理学療法士は共通した見解をもち、さまざまな事例に応じた教育を実践できる能力を身につけていく必要があると考えております。


本学会は平成31年2月10日(日)、高知市春野文化ホール ピアステージで開催します。特別講演は、兵庫医療大学 理学療法学科 教授の日高正巳先生、教育セミナーには、いわてリハビリテーションセンター 機能回復療法部 部長の諸橋勇先生にお話しいただきます。また、本学会での新たな取り組みとして、学会参加の事前登録制、学会会場内に託児所を設置、そして、最も優れた演題に対し学会長賞を授与する予定にしております。
 


本学会が、理学療法教育の変革に向けて、会員皆様と情報を共有し、理学療法士の専門性発展のための卒前・卒後における理学療法教育の更なる充実に寄与できる学会となりますよう準備を進めてまいります。多くの会員の皆様の演題発表並びにご参加をお願い申し上げます。


【 開催要項 】


■ 期   日 :平成31年2月10日(日)
■ 会   場 :高知市春野文化ホール ピアステージ

         (〒781-0304 高知県高知市春野町西分340番地)

■ 学会テーマ :「理学療法教育を知る・考える・実践する」

■ 特別講演  :講師 日高 正巳 先生 (兵庫医療大学)

■ 教育セミナー:講師 諸橋  勇 先生 (いわてリハビリテー

ションセンター)

■ 発表演題  :一般演題(25題) (予定)