講演の内容


特別講演T
 講師:山口 晴保 先生   認知症介護研究・研修東京センター センター長
 テーマ「いま求められる認知症患者の理学療法-認知症ポジティブで共に笑顔で-」
  C1:神経  C2:運動  C3:内部  C4:高齢者  C5:地域

特別シンポジューム
 講師:半田 一登 先生   公益社団法人日本理学療法士協会 会長
 講師:栗原 正紀 先生   長崎リハビリテーション病院 院長
                    日本リハビリテーション病院・施設協会 名誉会長
                    公益社団法人日本理学療法士協会 顧問
 テーマ「いま理学療法士に求められること」
  C1:神経  C2:運動  C3:内部  C4:高齢者  C5:地域

教育講演T
 講師:神谷 健太郎 先生  北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科 講師
 テーマ「内部障害患者における運動能力の規定要因と理学療法」―心不全・腎不全患者を中心にー
   C3:内部  C4:高齢者

教育講演
 講師:高野 賢一郎 先生  産業理学療法研究会 会長 
 テーマ「労働衛生分野で理学療法士が求められること〜腰痛とVDT障害」
  C2:運動  C5:地域

ランチョンセミナーT
 講師:山崎 裕司 先生   高知リハビリテーション学院図書館長
 テーマ「認知症患者の理学療法」
  C3:内部  C4:高齢者

ランチョンセミナーU
 講師:西岡 心大 先生   長崎リハビリテーション病院栄養管理室長
 テーマ「理学療法士に求められる栄養ケアの視点」
  C3:内部  C4:高齢

一般演題発表
       口述 100題程度(演題登録期間:5月 15日より  6月 20日まで)